豊作の秋、今年も残すところ100日をきったね

近所を散策していると、今年は豊作だと思います。
神社のどんぐりはすずなりですし、駐車場の柵のあけびはまだ緑で硬いまま、数個ぶら下がっています。道端の柘榴も30個ほど実をつけ、ミカンは日当たりが良すぎて実が割れてしまっています。その下でイチジクがまだ成長途中です。
銀杏はブドウの房のように実をつけ、かなり匂います。
私の住んでいるところは山から遠いので、クマが出ることはありません。
幸い今のところ台風の被害も出ていないので、庭先の果物も成長率がいいです。
夏、随分クマの報道が流れていましたが、今はどうなんでしょう。
山の方も秋は豊作でしょうか。
里山や民家の周辺に来るのは、クマにも人にも良くないことです。
これから先は、樹木の落葉が問題です。
家の裏は椋の木なので、葉も実も落ちます。隣の家のコブシは葉っぱが大きいので数枚でも大量に思えます。
台風のシーズンが終わったら、年末まで落ち葉の掃除に追われます。
気づけば今年も100日をきりました。
http://xn--ickc2c0c7l.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です