野獣ボブサップ懐かしいけどその魅力とは

今も時にはバラエティに出てるボブサップ、私が彼を知ったのは2002年くらいでした。
K1とかみて あまりの凄さに 誰が彼を止めるのだろう最強やんという印象でした。
曙との試合などは圧巻でした。シリルアビディというプロのK1トップファイターが素人のサップにKOされるとこも圧巻でした。
しかし、K1の技術を学ぶたびに 弱点が露呈さや弱々しい表情に試合中になったり明らかに試合中に動きが止まったり、そういう人間らしいとこも魅力です。
他の格闘家はなかなかダメージ食らっていても表情は隠したがりますがボブサップはビーストラッシュしかける時もローキック蹴られて痛い時も本能を出すとこがみていて飽きないとこです。
試合前の選手のポスターを丸めて食べる演出なども好きでした。
歌も出したしバラエティでは、存在だけで笑えるシーンが多く 格闘技だけじゃない魅力はたくさんあります。
さらに過去は大学でエリートな勉強したらしく知識も豊富で研究熱心なのも彼の魅力です。